それで!何んとなく“心ウキウキ!”

Posted by on 2009年3月6日

BENETTON
第二次世界大戦に負けたイタリアは、国中が意気消沈していました。人々の服装も、戦争中に安全のために着ていた、目立たない暗い物のままで、敗戦の惨めさに打ちのめされているかのようでした。そんな祖国を元気にしたい!!と立ち上がった男がいました。
彼は、人々の心を羽ばたかせる色として『オレンジ・カラー』を選んでシャツを作り始めました。もともと陽気なイタリアの人たちは、オレンジ色を着て心が膨らみ始めました。やがて、俺も!お前も!アノ娘も!隣のおばちゃんも!とオレンジ色のシャツを着て、笑顔で未来を語るようになり、国の復興のきっかけにもなりました。その男こそ《BENETTON》の創業者「ルチアーノ・ベネトン」でした。 
《BENETTON》カラーが、何となくみんなの心をウキウキさせてくれるのは、そんな創業以来のスピリットが生きているからだったのですね。
商店会の用事で訪ねた、新宿店の店長さんから聞いた話に、私の心にもカラフルな元気印の花が咲いたような気がして、イケメン店長とオレンジシャツの写真を撮らせてもらいました (^<^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です