Monthly Archives: April 2010

総会

 今日は、「新宿中央通発展会」の総会でした。  終了した1年間の「事業」と使った「お金」について報告し、次の1年間の「仕事」と「予算」を提案して、集まった会員の方々に審議してもらいます。  更に、折角の機会なので、講師を招いて勉強のために『特別講演』もおこないます。  今年は、元、大和証券専務取締役のエコノミストに『世界経済とこれからの商売』という題で、1時間余りの講演をしていただきました。 東西冷戦終了後の、政治と経済の流れから、リーマンショック以降の大不況、さらにアジアを軸に回復し始めた、世界経済の状況を踏まえて、これからどのように営業活動を展開してゆくべきかをじっくりきかせていただきました。 最後は、「お楽しみ福引大会」です。毎年恒例の運だめしですが“ムービーカメラ”や“ディズニーランドのペアチケット”をはじめ、ビックリ景品の連続で盛り上がりました。  商店会の総会って、結構おもしろいモノなんですよ。

Categories: ガイドの目印総合 | Leave a comment

壁といえども・・・・

     新宿では、わずかなスペースでも、有効利用しようと考えている人がたくさんいます。 そのスペースも、地面はもとより、ビルの中の遊休空間、建物のわずかな隙間など様々です。 利用方法も、商売の売り場にしたり、宣伝スペースにしたり、品物の保管場所にしたり、ちょっとした休憩場所として活用したりと、同じく千差万別で、人々のアイディア比べの感があります。 そんな中で、ビルの広い壁面は、りっぱな宣伝媒体として活用されています。 深夜の新宿駅前,巨大クレーンがグイ~~ンと伸び上って、ビルの外壁に貼られていた宣伝画面のシールを剥がしていました。高所恐怖症の人には絶対できないような、むき出しのクレーン台での作業で、下を通る人たちも首を思いっきり曲げて見上げていました。  そして、翌日の朝には、別の巨大な宣伝画面に変身!! 一部屋分もあろうかという、大きな貼り付けシールの画面を剥がして、別のモノを貼りつける作業は一晩で完了です。  壁といえども、有効な宣伝スペースにしてしまう逞しさに、脱帽ですね!

Categories: ガイドの目印総合 | Leave a comment

行列・・・・・

数日前から、お昼の時間になると、商店会メンバーの「鮨丸」の店頭に行列ができるようになりました。テレビでランチがおいしい店として紹介されたから、とのことです。 午前中からできる行列が、午後3時ころまで一向に短くなりません。お年寄りから、赤ちゃんを抱いた家族連れまで、並んでいるお客様の構成が様々なのは、“お寿司”が、幅広い人々に喜ばれる人気食だからなのでしょうね。 テレビ放映された後も、値段、ネタは、以前と同じままですが、お客さんの数は10倍! このお店は、お客様の目の前で、職人さん達が握って「はい!お待ち!」の、伝統的な板前握りスタイルなので、10倍の客様は、お店とって強烈なプレッシャーとなったようです。5日目に、板長さんがダウンしてしまいました。 それでも、残りの職人さんたちが大車輪で対応して、お客様には迷惑をかけずに済んだとのことでした。 今は、行列が大分落ち着いてきました。そろそろ「鮨丸」ランチに行こうと思っています。

Categories: ガイドの目印総合 | Leave a comment

桜って、いいですね!!

      2週間ほど、旅行に出ていました。姪がハワイで結婚式を挙げたのに便乗して、くっついていき、そのまま旧友が居るロザンゼルスまで足を延ばしてしまいました。  予定では、帰国したら、満開のサクラの下で“お花見”のはずでしたが、今年は寒い日が続いたとかで、ほんのチラホラ3分咲き。  太陽の恵みのもとで、色とりどりに咲く花々を目にしてきたので、肌寒さと共に気持が縮んでしまいました。 更に、旅の疲れと時差ボケで、ブログもホッタラカシ状態となり、何となく借金を返していないようなせっつかれた気分に陥っていました。 でも、一週間待ったら、一気に“桜満開”となり、気力も体力も漲ってきました!  新宿には、サクラの名所がたくさんありますが、4日の日曜日に早稲田の神田川岸に行きました。 じつは、「アッチコッチれぽーと」で活躍中の“ハルちゃん”こと“小関ゆかりさん”が此処のサクラの評判を聞いて、レポートすると言い出し、カメラをぶら下げてお供した次第です。  結論を言えば「メッチャクッチャ素晴らしい!!」の一言に尽きます。詳しいことは、もう少し先にアップする「ハルちゃんのレポート」をご覧いただくとして、とりあえず写真だけでもご覧ください。  色鮮やかな南国の花には無い“淡い桜の美しさに”日本人的な心の高揚感に満たされました。

Categories: ガイドの目印総合 | Leave a comment