笑顔の裏に、オオカミの顔

Posted by on 2013年1月1日

 新宿に限らず、都内の繁華街では、路上でお客様に言葉巧みに声をかける、キャッチセールスや客引きが大勢います。彼らの人懐っこくて調子の良い言葉に気を許して、ついて行ってたら、とんでもない目に遭ってしまった、という話は、山ほどあります。

 残念ながら、新宿東口地域にも、隣接する地域から、悪質な営業をする居酒屋や、カラオケ店のキャッチが入り込んできました。飲み放題1000円とか、料理一品無料提供」など、笑顔と営業トークで通行人の気を引きます。でも、店の中では、呆れるほどの粗悪な対応と手抜き料理、“えっ”と、思わず声をあげてしまう“高額なメニュー”が待っています。
あまりの不愉快さにサッサと店を出ようと思って、勘定書きを見ると、10%のサービスや席料までくっついてくる始末です。
 いずれも、法的には、違法行為とは言えませんが、予算より千円札を何枚か多めに払わざるを得ないことになり、腹立たしい思いで店を出ることになってしまいます。

 11月から、新宿東口地域では、街に来て戴いたお客様が不愉快な思いをされないよう、商店会の役員などが総出で、悪質な居酒屋のキャッチ要員排除のため、監視員パトロールを続けています。このジクサーブログも、忙しくて、しばらくお休み状態でした。
でも、キャッチ居酒屋の路上勧誘も、店内の料金設定も、法的には違法ではなく、完全に防止するのは難しいのが実情です。

 年末年始は、商店会から出動する監視員が少なくなってしまいますので、彼らが街の中で大手を振って路上勧誘を繰り返すことになるでしょう。
商店会の正規会員の営業活動は、店頭での呼び込み程度しかしません。特に新宿に限った事ではありませんが、路上で貴方だけ特別に・・・と言って寄ってくる居酒屋などの勧誘には、くれぐれもご注意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です