Monthly Archives: March 2013

花に誘われて・・・

Categories: ガイドの目印総合 | Leave a comment

さくら・さくら・まだ大丈夫!

 まさか!?まさか!?の駆け足でやって来てしまった桜前線。お花見の予定が一週間以上も狂って、慌てているのも私だけではないでしょうね。 各地で予定されている「桜まつり」の主催者も、「お花見ツアー」を企画した旅行会社も頭を抱えてしまったのではないでしょうか。                                       新宿にも桜の名所は幾つも有ります。私たちの街から一番近いのは《新宿御苑》ですが、ここはあまりにも有名なので、さくら便りが流れると大勢の人で混雑します。 今日はちょっとマイナーながら、捨てがたい風情の、早稲田の神田川岸のさくらを愛でに行きました。 神田川は、歌にも歌われた東京のビューポイントのひとつです。長い流域の各地で岸にさくら並木があり、春の訪れとともに人々の目を楽しませてくれます。 新宿では、北新宿の「青果市場」裏辺りから延々と「江戸川橋」付近まで両岸にさくらの巨木並木が続きます。なぜか川岸のさくらは、川面を覗き込むかのように流れに向かって枝を落としています。 さて、早稲田界隈の神田川は、早稲田大学のすぐ北側を流れています。太古の地殻変動で出来た河岸段丘の崖下境界線を流れているのですが、変化に富んだ地形が趣を増しているようです。崖の上は目白台と言われています。「椿山荘」や、故田中角栄総理の豪邸などで有名です。                                                                            毎年4月には、地元のみなさんが主宰する「さくらまつり」が開催され、賑やかなのですが、今年は、駆け足桜前線のおかげで、間に合わなかったようです。 でも、川岸の遊歩道には、何軒か屋台も出ていたし、カメラを首から下げたアマチュアカメラマンや、老若男女の桜狩りの人達が大勢歩いていました。 川には何本か橋が掛かっていますが、ほとんどの人がそこかで満開のさくらを写したり、記念撮影をしたりで、賑わっていました。 ここは、夜でも街灯が灯っているので、隣接する公園やちょっとした空き地で、夜桜宴会とシャレ込む人も少なくないようです。陽が落ちる頃をめがけて、大きな宴会ツール一式を抱えてやって来るグループが幾つも見られました。  決して有名なお花見スポットではありませんが、落ち着いてさくらを愛でるには良いところだと思います。高田馬場駅から、都バス「早大正門」行の終点。都電荒川線の終点「早稲田」駅から、それぞれ数分のところです。まだ“さくら”は大丈夫です。ブラリと足を運んでは如何でしょうか!

Categories: ガイドの目印総合 | Leave a comment

ヨーロッパ ?!

新宿大通りに面して、道路全面を開放したオープンカフェが有ります。 これは、国土交通省が、全国に先駆けて地域振興のモデルケースとして、路面営業の実証実験のため許可したものです。 ヨーロッパの街角で見かけるような、可愛いパラソルを開いたテーブルで、のんびり珈琲でも啜って街を眺めることが出来ます。ショッピング等で疲れた時、ちょっと足を休めるにはピッタシです。                                      先日、ポカポカ陽気に誘われて“甘いもでも・・”と思って訪ねたら、なんと!カフェのパラソルの半数が片付けられて、白馬がポッカ・ポッカと蹄の音を立てて馬車を牽いているではありませんか!! 一瞬、おとぎ話の中のヨーロッパの古い街並みに迷い込んだように思えて、心が弾みました。 馬車には、希望すれば乗せてもらえるとのことで、順番待ちの列が無くなりませんでした。数分の馬車体験ですが、女の人達はシンデレラ姫気分に浸っているようでした。 馬車から降りると、真っ白な馬をバックに、記念撮影パシャ!!の至れり尽くせりのサービス!! 新宿って一年中ハプニングが有る街ですね。

Categories: ガイドの目印総合 | Leave a comment

ポスターも貼ってます!

2020年・夏のオリンピック開催は、スペインのマドリッド・トルコのイスタンブール・日本の東京の三都市に絞られています。 マドリッドは、スペインの国家財政の面でちょっと不安・イスタンブールは、テロが心配なうえに、街の随所で地下に遺跡が眠っていて、施設建設の遅れが心配です。                                      東京では、オリンピック。パラリンピック誘致は国家プロジェクト扱いなので、財政面で心配が有りません。また、世界で最も安全な都市でもあります。さらに、ほとんどの競技施設が半径8㎞以内に既に揃っている、という大きなメリットが有るので、最短距離にいるのではないでしょうか。 3月1日にクレイグ・リーディー委員長が率いる、IOC評価委員会のメンバーが来日し、4日から精力的に実地調査をした結果、7日の記者会見で高評価のコメントを発表してくれました。                                      新宿中央通りでは、全会員が《ぜひ!2020年に東京でオリンピックを》という心で一致しています。その気持ちは、街で働く外国籍の人達も同じで、みんなでガッチリとスクラムを組んでいます。 今、東京のほとんどの商店街では、街路灯に『2020年 オリンピック・パラリンピックを日本で』のフラッグを掲吊して、開催のアピールをしています。  私たちの街では、多くの会員店の発案で、店頭や店内に『TOKYO ●2020』のポスターも貼って、従業員さんの多くは、胸に招致促進バッジも着けて、気合を入れています。  オリンピック・パラリンピックがTOKYOで開催されたら、世界各国の人々に、新宿中央通りで日本を満喫して戴きたいと思っています。 ガンバロウ!! TOKYO!!  ガンバロウ!! JAPAN!!

Categories: ガイドの目印総合 | Leave a comment