Monthly Archives: June 2015

トイレの的!!

毎日、誰もがお世話になるトイレですが、誰かがお掃除をしてくれています。 古く日本では、”ご不浄“とも言われ、なんとなく差別的な扱いをされてきたかもしれませんが、毎日の生活に欠かすことが出来ない重要な存在です。 そんなトイレ、男性の場合は使用時に問題が発生しがちです。便器へのストライク放水が外れて、周りに飛散してしまったり、最後の数滴が便器手前の床に落ちてしまうことも少なくはありません (*_*)  自宅では、完全ストライクでいかないと、お掃除をする奥さんに叱られそうなので、結構慎重になりますが、外出先ではコボシ逃げのケースも多いようです。 公共のトイレだって誰かがお掃除をいるのですから。自宅同様にストライク狙いをして、お掃除する人への気遣いをしなくてはイケませんね! 最近、おもわず全量ストライクしたくなる“マト付き”ではないのかと思われる便器にアッチコッチでお目にかかるようになりました。 メーカーさんはオシッコのマトではなく、自社製品のマークとして付けたのかもしれませんが、真っ白い便器のベストポジションに弓道のマトのような二重丸が描かれています。こんな便器に遭遇すると、ゲーム感覚でマトを狙いたくなってしまいます (^_-)-☆ オシッコの問題は、外国でもあるようで、ドイツの某駅では、便器の中にサッカーのゴールがチョコンと置かれていました。ゴール枠の中にはボールもブラ下っているので、勢いよく決めて、ゴ~~~ル!!の雄叫びでもあげたいところでした ヽ(^。^)ノ  マトが有ろうが無かろうが、トイレはお掃除してくれる人に感謝しつつ、きれいに使うよう心掛けたいですね (^-^;

Categories: ガイドの目印総合 | Leave a comment

「ひまわり」がよろしいようで!!

6月の第三日曜日は「父の日」です。5月の「母の日」に比べるとイマイチ盛り上がらないように思えますね。 日本での「父の日」は、1950年代から始まりましたが、ず~~っと影が薄く、“そう云えば、そんな日もあったね”程度の存在だったように思えます。 毎日、朝早く会社に行って頑張って仕事をして、一杯飲んで夜遅く帰ってくるお父さんは、子供たちの視点からすると、ほとんど家にいないそんざいです。そのうえ夜遅く赤い顔をしてだらしなく帰ってくる姿しか見ていないので、情けない存在に思えたのかもかもしれないのは可愛そうですね (*_*; 10年ほど前から、そんなお父さん達の大きな価値が認識されて来たのでしょうか、「父の日」も盛り上がり始めました。 「父の日」の花には、世界各国で、幸福の色とされている黄色の花が採用されていますが、これまで日本では、「黄色いバラ」を贈ることが多かったようです。 でも、最近は太陽に向かって高く背を伸ばし、大きな花を咲かせる「ひまわり」が、“頼りになる、元気なお父さんのイメージ“に重なるとのことで、人気になっているそうです!! そんなことを聞いたので、新宿の花屋さんをウオッチしに行きました。「母の日」のようにお店いっぱいのカーネーション!とう云うほどではありませんでしたが、たしかに「ひまわり」は多めに並んでいました。 蒸し暑い梅雨の時期ですが、鮮やかな黄色い花はなんとなく心を快活にして、バテ気味の体にも喝を入れてくれるようでした。 「父の日」には、家族の感謝の気持ちを受けて、お父さんが《もっとガンバルぞ~~!!》気分になれる「ひまわり」がよろしいようですね。

Categories: ガイドの目印総合 | Leave a comment

ジベタリアン

地面にベタッと座り込む人を《ジベタリアン》と云うそうですが、最近の新宿では、この《ジベタリアン》をよく見かけます。 コンクリートの道路とビルばかりの大都会は、緑の多い郊外の各地に比べると、地域全体の温度が高いことは間違いありません。さらに、チョット座って疲れを癒せる公園もベンチもありません。 ほとんど“土”の地面が無いので、ショッピングで、あっちこっちを歩き廻ることは、硬いコンクリートや石材の上を歩き廻ることになり、足への負担は大きいでしょうね。 街歩きに慣れた人たちは、器用に手軽なカフェやショップの中の休憩場所を見つけてひと休みするのですが、外国から来ている旅行客の皆さんが、そんなところを見つけるのは至難の業と言わざるを得ないのかもしれません。 新宿で見かける《ジベタリアン》 はほとんど外国人の方々です。大きなショッピングバッグや段ボール箱を道端に並べて、《ジベタリアン》する姿は、ちょっと かわいそうに思えますし、受け入れる私たちが外国の人たちにもっと優しくなくてはならないのだろうか?とも思います。 これから東京は、あっつい!あっつい!夏になります。熱中症などにならないよう十分気を付けて、楽しく旅行をしてくださいね。

Categories: ガイドの目印総合 | Leave a comment

グラグラ~~で、東京大混乱

5月30日(土)夜8時23分ころ、突然の地震 (◎_◎;) びっくりしましたね(*_*; 東京では突き上げるような縦揺れの後に、波打つような横揺れ。結構長く揺れました。 頭の中をよぎったのは、日本壊滅・・・・去年9月の木曽御嶽山の噴火、今年に入って、4月26日以来の箱根大涌谷の活発な火山活動、前日の口永良部島・新岳の大噴火のニュースなどがスライドショーのように次々に脳裏を過りました。 地震だって、わずか5日前に、埼玉県の北部を震源にする震度5の激しい揺れがあったばかりです。 またか!? 大丈夫なのか!?どうなっちゃたんだろう!?って、動揺するのは当たり前ですよね。 揺れが収まった後は、室内に散らばってしまった書類を掻き集め、倒れた物を元のように揃え、 アッチコッチを点検してからは、テレビの臨時ニュースにカブリつきでした。 時間の経過とともに、各地から届く震度の数字で、列島が埋まってしまいました。 なんと!!観測史上初めて日本の全土で揺れを観測したとのこと!! 2時間ほどして、いくらか気分が落ち着いたところで、新宿の街を歩いてみましたが、 いちばん混乱していたのは、新宿駅でした。JRの全線がストップしてしまったので、 駅の構内も改札周辺も大混雑です。駅員さんに動いている路線を問い合わせる人、運転再開予定を訊く人、 振替え輸送情報を訊ねる人、等々で騒然としていました。 新宿駅で、テレビの取材が駆けつけるのは「南口」です。新宿駅には主な改札口が東西南北の4方向に在りますが、 地上の改札口は「南口」だけです。そのため、駅構内と地上の様子が同時に映像化できるのはここだけだからでしょう。 この夜も深夜まで各局の取材チームが「南口」に陣取っていました。それぞれにカメラを回したり、放送の合間の休憩をしたり、 インタビューをしたりの取材活動を繰り広げていました。 この夜、東京の地下鉄は全路線運行。西武新宿線も動いていましたが、それらの路線では帰宅できない人たちの交通手段はタクシー!!深夜まで駅のタクシー乗り場の行列は縮まりませんでした。

Categories: ガイドの目印総合 | Leave a comment