新宿の大晦日

Posted by on 2017年1月1日

pc310257

pc310240pc310265pc310252pc310255pc310262

 

 

 

 

大晦日の新宿レポートです。

クリスマス3連休から、連日大勢の人出でにぎわっている新宿の街も、大晦日はちょっと静かになります。お客さんも、さすがに一年の最後の夜は自宅で「紅白歌合戦」を見たり、長尺物の映画を見たりして新年を迎えたいのではないでしょか。

年末は、どのお店も、クリスマスツリーを片付けるとすぐに新年の飾りつけをしますので、既に街はお正月気分になっています。

ほとんどのお店は営業時間を繰り上げて、夜8時ころにはシャッターを降ろします。というのはファッション系のお店は、明日、1月1日からバーゲンに突入するので、せめて前の晩はスタッフにゆっくり休んでもらうためです。

飲食系のお店は、今日はお客さんが少ないので、明日からの激戦に備えて同じスタッフさん達に休息をとってもらうためです。

新宿中央通りも、さすがに今夜は9時を回るとネオンが消えて、人通りも少なくなりました。飲食店が閉店して一番困っているのは、外国人旅行客の皆さんのようです。数少ない営業店に殺到しますので、行列が出来てしまいます。通常でも行列の絶えないお店は、ビルの角を曲がって、普段の2倍の長さに延び、テーブルに着くのに1時間はかかりそうです。

家電量販店では、元旦から特別バーゲンです。それを目当てに閉店と同時に並び始める徹夜組の行列も始まりました。

元旦を待ちきれないお客さんのために、大晦日からバーゲンセールを打ち続けるアパレルショップもあり、気合が入っています。ほとんどのお店のショーウインドーにはバーゲンのポスターやPOPが貼られて、既に臨戦態勢が出来ています。

アパレルショップでは「ニューイヤー福袋」を充分な数量を用意していますが、お客さんの数も半端ではありません。元旦は早起きして、新宿においで下さい。

一年間の皆様のご支援に感謝します。新しい年が幸せに満ちた幕開けとなりますよう心より祈念いたします.

pc310225 pc310228pc310267

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です