Daily Archives: 2017年4月6日

おしゃれな交番

街角で、交番を見かけると、心にほっと安心感が生まれますね。 交番は、日本独自のシステムで、犯罪の少ない日本の社会を支える大きな力になっています。交番の入り口で立ち番をするお巡りさん、時には、町を歩く指名手配者を発見し、訪ね先が判らない外来者には道案内をし、受け持ち区域で何かの犯罪が起きた時には、真っ先に駆けつけてくれます。 落とし物を拾ったら、警察で預かる手続きをしてくれますし、家々を巡回して地域住民を把握して、みんなの安全安心な暮らしを支えています。 犬の鳴き声がうるさい、隣の家の夫婦喧嘩を何とかして、道端に蛇が居る(゜o゜)、家のおばあちゃんが帰ってこない、などなど、何か困ったことが起きたら、とりあえず交番!!っていうのが日本の常識です。 交番の大きな働きは、世界の国々から注目され、その制度を導入する国もたくさんあるそうです。 もちろん新宿にも、いくつも交番があって、毎日、街を訪れる何百万人という人々に安全を提供しています。 今日は、思わず“やるね~!”と言ってしまいそうな、新宿のおしゃれな交番をご紹介しましょう。 最初は「歌舞伎町交番」です。ゴジラヘッドで人気上昇中の「ホテルグレースリー」の裏手にあります。24時間眠らない歓楽街の安全を守っています、円筒形をモチーフにした現代アート感覚の建物です。マスコミなどにもよく登場するお馴染みの交番ですが、その姿は結構スマートです。           その次は、西新宿、東京都庁舎を背景にして、 新宿中央公園の角にある「熊野神社前交番」です。何本もの柱が囲む円筒形の建物にドーム型の屋根が乗っていて、おとぎ話の世界で語られるようなカワイイ交番です。           三番目は、「追分交番」。デパートのISETANの足元、新宿大通りと明治通りの交差点にあります。すぐ後ろはルイビトンのショップです。シンプルな線がアート感覚なフォルムとなっています。1971年に過激派テロのターゲットとなった「クリスマス爆弾事件」で被害を受けた交番ですが、その当時とは全く違う、ファッショナブルな姿に生まれ変わりました。           4番目は、おしゃれとは言えないかもしれませんが「新宿駅西口交番」をご紹介します。 日本一の乗降客数を誇る新宿駅の西口地下広場で一階として、2階は地上のバスターミナルに顔を出すという、突き抜け型交番です。人の行き来が多い地下広場で大活躍していますが、選挙演説などで大勢の人が集まるときは、地上部分の2階が集まった人々の安全を見守る眼となります。

Categories: ガイドの目印総合 | Leave a comment