しだれ桃の道

Posted by on 2017年4月15日

しだれ桃3

早稲田大学正門から、東に向かって一直線に延びる全長940mの「早大通り」に、街路樹として「枝垂れ(シダレ)桃」が植えられています。

人の背丈ほどの、低いものから高くても3mくらいの高さです。枝は空に向かって伸び上がるのではなく、傘のように横に広がって細い先端部が垂れ下がります。そんな垂れる枝に、これでドオ~!!っていう感じでたくさんの花がぱ~~と咲いています。

とにかくうれしいのは、この「しだれ桃」の花が三色混合で華やかに咲くことです。桃なので、基本的には薄い桃色の花ですが、一本の枝に“濃い桃色”、“ちょっと濃い桃色”、“絞り”、など様々な花が混合咲しています。

《梅》の木だと、一本の幹に、元の色と異なる、紅梅は白梅の枝を接木して、二色咲きをさせることがありますが、「早大通り」の「しだれ桃」は、自然のままで見事に色違いの花を咲かせています。

丁寧に手入れをして、前年の秋に、上手く選定をすると、3月から4月にかけての長い期間、花を咲かせるとのことですから、地元の人たちが大切に育てているのでしょうね。

街路樹は、みんなが恩恵をもらえる共通財産です。道行く人たちの心を温かくしてくれる花の街路樹は、その町の人々の豊かな思い遣りが感じられて、感謝!感謝!です。

高田馬場駅から、「早大正門行き」の都営バスに乗って7~8分。大隈講堂の横の終点で降りれば、すぐ前に「しだれ桃」の街路樹が出迎えてくれます。

 

しだれ桃7ひだれ桃6しだれ桃2しだれ桃1しだれ桃4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今が花の真っ盛りです!そぞろ歩きの“お花見”はいかがでしょうか!

大学周辺にはおいしくて安い飲食店がたくさんあります。桜だけがお花見じゃないですよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">