Daily Archives: 2017年6月13日

ガイドさんの目印

訪日観光客が急カーブで増え続け、2016年は、来日外国人が2400万人を上回りました。ビジネス目的の人を差し引いても、観光目的の人は2000万人程度になるのではないでしょうか。統計によると来日する観光客のおよそ60%は東京を訪問しますので、ごく少なく見積もっても、一日5万人の外国人が東京を楽しんでいる計算です。 更に、データをみると、東京観光の外国人のほとんどの人は銀座、新宿、渋谷に足を運ぶことで、最近の新宿の街は外国人観光客が溢れています。いったいここは、どこの国なのだろう??と不思議な感覚に襲われることもしばしばです。 私たちが海外旅行をする際も、海外の人が日本旅行をする時も、ガイドさんの存在は重要です。見学したいところに速やかに連れて行ってくれますし、ショッピングのアドヴァイスをしてくれ、信用できるお店を紹介してくれます。行く先々で、その地域の歴史や文化、あるいは社会習慣などを教えてくれますし、犯罪などに巻き込まれないよう、安全を確保してもくれます。地元の美味しい食べものに関する知識も豊富で、気の利いたレストランに連れて行ってもくれます。                 そんなガイドさんの必須アイテムのひとつに『目印棒』があります。正式には何という名前なのか知りませんが、1メートル弱の棒の先に、お気に入りの目印を付けて、担当しているお客さん達に自分の居所を教える重要なアイテムです。 混雑している町のどこかを歩くときも、先頭にガイドさんの目印があれば、迷子になりませんし、自由時間の後の集合でも、お客さんはこの目印を探して集まります。 新宿の街で、一日に幾つも目にする、「ガイドさんの目印」をカシャッしてみましたので、ご覧ください。                

Categories: ガイドの目印総合 | Leave a comment