雨雲風景だっていいじゃない!

Posted by on 2017年8月20日

8月に入ってから、ズ~~と雨の日が続いています。

東京では、6月初旬に梅雨入りが宣言されましたが、そのころから猛暑日の連続となっていました。水源地では貯水ダムが枯渇して、飲み水も心配されました。

ところが、7月28日に梅雨明け宣言が出されると、天気は一変!!ぐずぐずと雨が続いています。雨の連続記録を重ねて、新記録も視野に入ってくるという摩訶不思議な夏になってしまいました。

毎日、分厚い雨雲を見上げ、愚痴をこぼしながらの出勤です。気分は滅入るし、たいして気温は高くならないのに、湿気で汗ぐっしょりです。抜けるような青空とカンカン照りのお日様に天を仰いで文句を言った連続真夏日の7月が懐かしくなるくらいです。

DSCN6622

毎日、分厚い雨雲を見上げ、愚痴をこぼしながらの出勤です。気分は滅入るし、たいして気温は高くならないのに、湿気で汗ぐっしょりです。抜けるような青空とカンカン照りのお日様に天を仰いで文句を言った連続真夏日の7月が懐かしくなるくらいです。

でも、お天気は人間の力ではどうしようもないんだから、《いっそ!雨と曇り空を楽しんじゃおう!!》と気持ちを入れ替えて、東京の街を覆う分厚い【雨雲視察】を思いつき、新宿で一番高い、都庁の展望室に行きました。

午後遅い時刻でしたが、45階の展望室のどの窓からも碧空は見られず、鉛のような分厚い雲と、窓に明かりが灯る前の不機嫌なビルの拡がる街しか見えませんでした。

DSCN6629DSCN6639 (2)

 

 

 

 

 

 

DSCN6640 (1)DSCN6634 (1)

 

 

 

 

 

 

 

 

この日もここを訪れているのは殆んどが、外国人観光客。展望室直行のエレベーターに乗るにも一階で行列を作って、20分以上分耐えてくれていました。せっかく来てくれたのに申し訳ないナ、なんて思いながら、逆張り根性発揮!これだって雨の日記録に挑戦中の東京だ!と、雨雲の低く垂れこめる東京を眺めました。

DSCN6513DSCN6524

 

 

 

 

 

 

DSCN6516 DSCN6540 DSCN6535

 

 

 

 

 

 

DSCN6517

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です