中秋の名月

Posted by on 2017年10月6日

10月4日は「中秋の名月」

カラッと空気が乾燥する秋は、大気中の水蒸気に邪魔されないので、夜空の月も星もクリアに見えます。暑つからず寒からずの気温も、夜空を見るには最適なので、昔から秋の満月を楽しむ習慣が根付いたようです。

DSCN1290

さらに、今は実りの季節、おいしい食べ物が豊富に出回るので、お団子のみならず、ススキを飾って、自然の恵みに舌鼓を打ち、盃になみなみとお酒をついで真ん丸月を浮かべてクイッと飲み干して楽しみたいですね。

たまたま、西新宿で集まりがあって帰りは副都心のビル群を抜けてきました。夜遅いこのエリアは人影がまばらで、ひっそりした空気が漂っています。

チラホラと窓明かりが残っている高層ビルのはるか上空浮かぶ満月は、宇宙と人の営みを同時に見るようで、清々しく思えます。

新宿の副都心ビル群の中で、一番高い建物は東京都庁舎です。今夜は、その都庁舎の最上部が紫にライトアップされて、満月と絶妙に調和しています。

IMG_0920 (3)IMG_0914

 

 

 

 

 

 

 

今夜は、適当に薄い雲が広がっていて、雲間からお月様が顔を見せたり隠れたりの繰り返しで、空を見上げていても飽きません。通りかかりの人も、スマホを天空に向けてベストシーンをパシャッ!! スマホ歩きならぬ、月見歩きで、のんびりウオークになったり!!中秋の名月って、けっこう人を詩人にしてしまいます。

私もカメラを夜空に向けましたが、地上の建物と天空の満月を一緒に画面に入れようと思うと、お月様が小さく発光する点になってしまって、肉眼で見るシーンとはずいぶん違う様子になってしまいます。

こんな場合、普通は、超望遠レンズで撮った月の写真と風景を合成して真ん丸お月様がぽっかり浮かぶ夜景を作るのですが、今回はレンズを通して見た月夜と、安物カメラの望遠レンズを目いっぱい延ばした満月のボヤケ写真をご覧ください。

IMG_0923 (1) IMG_0929

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、家に帰ってニュースを見ていたら、今夜・10月4日は、一応、中秋の名月ですが、満月は明後日の10月6日、とのことでした・・・・・(‘’_’’)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です