全国のお雑煮(ぞうに)大集合

Posted by on 2018年1月10日

 

 

 

 

 

 

 

歌舞伎町の区役所通りを北に向かって緩く上りきると、右手に「稲荷鬼王神社」があります。名前の中にある【鬼王】の文字に、一瞬ギョッ!!としますが、恐ろしい神様を祀る神社ではありません。以前にこのブログで、名前の由来をお伝えしましたので、思い出して頂ければ幸いです。

さて、日本で唯一【鬼王】の名前を冠している「稲荷鬼王神社」の大久保宮司さんは、なかなかのアイディアマンで、神社の境内で、いろいろなイベントを開催しています。

秋の9月の例大祭はもとより、2月の“鬼は内”の掛け声で有名な「節分会・豆まき」、4月~5月の「花しずめ」、10月の「べったら市」、「懐かしの映画ポスター・プログラム展」などなど、心を癒してくれる企画がちょくちょく行われています。

この神社の1月の規格は、【全国のお雑煮展】と言っても、お雑煮をご馳走していただける訳ではありません。境内にところ狭しとセットされたパネルに、全国各地の【お雑煮】の写真が掲示されます。

この【お雑煮写真】は、神社の氏子の方々のお宅で、お正月にお膳に並ぶお雑煮の実物を撮影したものです。

 

 

 

 

 

 

 

「稲荷鬼王神社」は、歌舞伎町のかなり広いエリアを氏子地域として持っていますので、全国から大勢の人たちが移り住んで氏子となっています。そのため、氏子の家々でお正月に食卓に登場するお雑煮も出身地の“食伝統”を色濃く映し出すとのこと。そこに目を付けた、宮司さんが【御雑煮写真展】を考えだしました。

焼肉・ハンバーガー・ラーメン・カレーライス・天丼・サンドイッチ・ピザ・エトセトラ・エトセトラ、あなたの好きな食べ物はいろいろあるでしょうけど、お正月には神社にお参りして、【お雑煮写真】でも眺めて、日本各地の故郷の味に思いを馳せてみては如何でしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です