Monthly Archives: February 2018

バレンタインデー

2月14日は「ST・バレンタインデー」!!日本中でチョコレートの小箱が飛び交います。 この日の意味は、人によって様々です。 日頃から心を寄せるあの人に͡コクる一大決心の日。周囲の男どもに義理チョコを配りまくって、ホワイトデーを楽しみに待つ、たくらみの日。 みんなが配るから、同じことをしておかないと出遅れちゃう、という横並び意識の日。 頼りにもならない男どもにチョコなんか遣るか!インポートブランドの高~~いヤツを買って自分へのご褒美!!っていう、バリバリ自負心の日。 などなど、万華鏡のように女心が揺れて、心模様を織りなす日でもあります。 いっぽう男性の心も複雑です. 会社では、義理チョコでも何でも構わないからデスクに積み上げる課長さん。半開きの引き出しの中に、自分で買ってきた、GODIVAの小箱がチラ見できるように入れておく見栄っ張り氏。お目当てのあの娘から・・・を待ちわびて、前日からソワソワ落ち着かない人。チョコレートより俺は焼酎のほうがイイ!と現実派の人。果たして義理なのか本心なのか???目の前の一箱を凝視して悩む人。               などなど、男心も波間を漂う小舟のように揺れる日でもあります。 そんな、悲喜こもごものドラマが生まれる2月14日に向かって、新宿ではチョコレート商戦が熱く展開されています。メイン戦場はデパートの地下食品売り場ですが、地下道の一角や駅の構内などにも臨時売り場が現れます。               当然のことながら、お客さんは女性ばっかし!!渡す相手が色々なのでしょうか?大きな箱や小さな箱を取り混ぜて買っていく姿も少なからず見受けられました。 年に一度のチョコレートイベント!!けっこうみんなの心の負担になっているのかもしれませんね!? あれ~~??今年も目の前の私のデスクの上は、【チョコひとつだに無きぞ悲しき】の荒涼たるトホホな風景のままで~~す ((+_+))

Categories: ガイドの目印総合 | Leave a comment

座って一息

北極から吹き下ろすメチャクチャ寒気((+_+)) ぐるぐる巻きのマフラーに顔を埋めて、背中を丸めて歩く毎日ですが、新宿の街はますます元気です。               新宿駅の一日の乗降客数はおよそ347万人で世界一です。接続する路線も含めるとさらに増えて371万人という驚異的な数字になります。           鉄道路線の乗り換えではなく、ショッピング・グルメ・アミューズ・ナイトライフなどなどの目的で新宿に来訪するお客様は、およそ4万人の外国人旅行客を含めて一日80万人を少し超えています。 その、およそ80万人が新宿駅からおよそ半径1キロメートルのエリアに集中しているのですから、来訪客密度も世界でもダントツと言えるのでしょうね。           でも、来訪された皆様は、街の賑わいに気を取られて、気が付かないかうちに、かなりの長時間にわたって長い距離を歩き回りますので、けっこう疲れます。               繁華街は、都市として整備されて幾何学的な美しい景観を整えていますが、足元はどこも固いコンクリートなので、人々の足腰への負担は大きいですね。 ショッピングの途中で“どこかに座ってひと休みしたいな~~”なんていう思いをした経験は誰にもありますね。           そこで今日は、街の中にさり気なく用意されている椅子を探してみました。雪道を歩き続けて、やっと小さな山小屋にたどり着いたかのように、ちょっと座って一息!!元気になって下さいね。                                        

Categories: ガイドの目印総合 | Leave a comment

皆既月食!!見たぞ~~!!

              1月31日、3年ぶりに皆既月食の天体ショーが見られました。 いうまでもなく、月食は、太陽・地球・月が一直線に並び、太陽光が地球にさえぎられた闇の空間に月が入ってしまう現象です。 満月のお月様は、夜8時48分から欠け始め、9時51分にすっぽり陰にはまった皆既食となり、11時8分から再び光に照らされ始めて、日付が変わった2月1日の午前0時11分に地球の影から脱出する、というスケジュールは事前の報道で聞いていたのですが、なんやかんやと仕事に追われて、夜になってからは月食のことは全く忘れていました。 街を歩いていて、夜空を見上げる人が大勢いることに気付き、みんなの目線を辿って東南の空を見上げると、赤銅色の満月が目に入りました。「Oh!!月食」の感動に浸ったのは10時半頃の最大食の頃でした。               月食の時間はけっこう長いので、慌てて事務所に戻り、いちばん長い望遠レンズをセットした一眼レフを担いで、新宿駅の南口に行きました。新宿駅南口は、片側3車線の広い国道20号線に面していて、新宿の街の中では、空が広く見えるところです。 通りがかりの人が、天を仰ぐ姿、急いで記念撮影をする人、三脚を据えてマジで撮影する人などなど、様々な月食ウオッチの様子をウオッチすることもできました。 今回の月食は、一か月間に2回満月がある「フルムーン」と、月が地球に近くて大きく見える「スーパームーン」が重なったうえに血のような赤銅色に見える「ブラッドムーン」という三つの要素が重なった「スーパー・ブラッド・フルムーン」とのこと! 地球から484400㎞はなれているとはいえ、望遠レンズで大きく映し出されたオレンジ色の満月を見ていると、ほうきに乗った魔女が横切っていく妄想が湧き「怪奇月食」って云うイメージも浮かびました。 まだ所々に積もった雪が残る新宿の街は、けっこう寒かったのですが、血の色の満月ショーを楽しみました。

Categories: ガイドの目印総合 | Leave a comment