上野公園DEお花見

Posted by on 2018年3月28日

ぽかぽか陽気に誘われて、東京の桜はほぼ満開になりました。各地からお花見の便りが届き、心がウキウキしてきます。

新宿には、東京の桜スポットとして海外にまでその名を知られた「新宿御苑」・都庁西側の広大な「新宿中央公園」・大久保駅から徒歩10分の「神田上水公園」・早稲田大学の北側の神田川沿いに延びる「神田川遊歩道」・神楽坂近に近くJR中央・総武線の車窓からも眺められる「外濠桜並木」、などなどいくつもの桜の名所があります。

 

 

 

 

 

 

 

 たまたま昼のテレビ番組を見ていたら「上野公園」が花見客で大賑わい!!のニュースが映し出されました。東京住みの私、上野公園のコンサートホール・動物園・博物館・美術館などなどには足繁く通っているのですが、お花見だけは行ったことがありません。

ゴチャゴチャの人込みはちょっと・・・という気持ちと、新宿人間は桜も新宿区内で愛でれば充分!!という若干の地元LOVEが、「上野の花見」を敬遠してきたささやかな理由です。

でも、みんなが楽しむ雰囲気をテレビで見ていたら、一度は行ってみなくちゃ‥・と思い、足を運んでみました。

午後の上野公園は、ニュースの映像通りの賑わいで、シートの敷ける場所は、ほぼ満席。飲んで、食べて、おしゃべりして、誰もがとっても楽しそう!

公園の正面入り口の階段を昇って、国立博物館に至るメインストリートが満開の桜トンネルになっていて、その道の両サイドが宴会ゾーンになっています。その路側帯の宴会ゾーンの中には、を並べて談笑するグループが何組も連なっています。みんな楽しそうですが、目の前を大勢の人がゾロゾロと歩くので、食べるものが埃でジャリジャリしてしまうのではないか?と気になりました。大きな桜の下には、立ち飲み用の円筒型テーブルも用意されて、2~3人様には使い勝手がよさそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は急に暖かくなって、桜は開花宣言の2~3日後に一気に満開! 遅れると桜が散ってしまうと心配したからなのでしょうか、とにかくものすごい人出でした。

そんな桜狩の面々は写真撮影も熱心です。桜の樹はたくさんありますが、それぞれに咲く花の色が微妙に違っています。赤みの濃い花には人気が集まり、集まった人の群れの中から無数のスマホを持った腕が延びあがり、パシャ・パシャが続いていました。もちろん自撮りも大賑わい!!撮った画面を見てキャッキャッとはしゃぐ光景に、私・ジクサーも、もらい微笑みが出てしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

私たちは、桜が咲くと心が優しくなって、お花見に集う人はみんな友達!!みたいな連帯感で繋がってしまいますが、同じ場所にいると、国籍に関わりなく連帯感で心がふくらみます。

世界中に桜が咲いて、みんながその葉の下でパーティーをすれば、戦争なんて無くなるんじゃないかナ~なんて思えるほど、日本のお花見って心が和む行事ですネ (^^♪

みなさ~~~ん!お花見きましょうネ~~!!楽しいですよ~~!!

 

 

 

 

 

 

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *