【君の名は。】ロケ地巡礼《新都心歩道橋》

Posted by on 2018年8月6日

《新宿警察署裏交差点》から、「青梅街道」に戻り、「新宿大ガード」方向に戻ると、大きな歩道橋が目に入ります。

この歩道橋の場所は、木の枝が急カーブを描いて幹から分かれていくように、「青梅街道」が新宿駅西口方面と超高層ビル街に向かう分岐点に、細い路地や分岐側道が接する変則的な交差点です。その変則性のため、複雑な信号で人々に横断歩道を渡ってもらうと、不必要に待ち時間が長くなってしまいます。

忙しいビジネス街の一角の交差点なので、ちょっと頑張って階段を上り下りして歩道橋を使ってもらうほうが効率なのでしょうね。

そんな歩道橋の名称は《新都心歩道橋》。地上の道路状況が複雑なので、歩道橋の形もカク・カクと変則的になっています。

この《新都心歩道橋》は、近隣のビルと直接つながるものや、道路からの昇降を含めて7か所の階段を持つ構造になっています。

 

 

 

 

 

《新都心歩道橋》【君の名は。】のシーンに使われています。作品の中では〝雪の日の夕暮れ時“として描かれ、ノスタルジックな雰囲気を醸していますが、気温が連日35度を超えて40度に迫ろうかとい酷暑の今夏では、映画の中の空気感は望み難いかもしれません。

ご覧いただく作品内の3シーンは、いずれも「青梅街道」のセンターラインの真上辺りの歩道橋上で、右と左、さらに「損保ジャパン日本興亜本社ビル」方向を描いたものです

 

 

 

 

 

 

                                                                                

ちなみに、この歩道橋から「新宿大ガード」方向を見る風景は、多くの映画・テレビドラマ・カラオケ画面などに登場し、夜の新宿を象徴する景色です。             

時々、ネオンの灯るころ、この歩道橋のこの場所に、高級なカメラを構えるグループが訪れます。歩道橋の欄干にズラリと並んでネオンの方角に向かってパシャ・パシャとシャッターを切っています。どうやら、映画やドラマのロケ地巡りのツアーの方々のようです。

 

 

 

 

 

 

 

歩道橋は地表からわずかな高さでしかありませんが、夜はけっこう涼しい風が吹いて火照った肌を冷やしてくれます。地上を大型トラックが通過した時などはちょっと揺れますが、【君の名は。】以外でも結構活躍している《新都心歩道橋》に上り、新宿のネオンや超高層ビルを眺めて、都会の夜景を楽しんでみませんか!

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *