「五輪ライトアップ」

Posted by on 2018年8月10日

TOKYO 2020 オリンピック:パラリンピック』の開催まで2年を切りました。

各種競技の施設造りでは、スタートでちょっとゴタゴタしましたが、快調なペースで進んでいるようです。

少し前のニュースで、「東京スカイツリー」が、五色のオリンピックカラーにライトアップされたことを伝えていましたが、新宿の超高層ビル街の一番奥に聳え立つ「東京都庁舎」も見事にライトアップされています。

「東京都庁舎」は、敢えて言えば、平板な屏風状の構造です。高さは234m。地上150mのところから、南・北2本の塔に分かれ、それぞれの最上階が展望台になっていて、無料開放されています。

 

 

 

 

 

 

この建物の正面は、皇居、国会議事堂、霞が関官庁街などが在る東の方面を見据えています。晴れた日は展望台から眼下に新宿御苑、ちょっと先には皇居の緑が鮮やかに見え、一面に広がる東京のビル風景の先には世界最高、634mの電波塔:東京スカイツリーも望めます。

 

 

 

 

 

 

一方、背面は、直下に新宿中央公園、視線を延ばすと多摩の山々、さらにそのず~っと奥には富士山を眺望することも出来、東京の位置取りが感じられます。

 

 

 

 

 

 

 

そんな東京都庁舎は、オリンピックカラーにライトアップされています。正面、背面、どちらも陽が落ちると5大陸を象徴する5色の光に彩られます。

新宿の超高層ビル街は、どこを見ても未来都市の景観です。ぶらぶら歩くだけでも心が弾むような躍動感を感じられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日、温度計は上の方の残りが少ないくらい赤い線を伸ばしています。今宵は新宿駅で臨時下車!西口改札を抜けて真っ直ぐ進み、超高層ビル街に足を運んでみませんか。ビルから吹き降りる爽やかな風が、広い道路を抜けるので結構涼しいですよ。

超高層ビルの隙間から見える都庁舎のライトアップを楽しみ、都庁舎をグル~~と回って、新宿中央公園!芝生に寝転び、都庁舎背面のライトアップを見上げて、ぜいたくな夕涼み!なんていかがでしょうか (^^♪

 

 

 

 

 

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *