【君の名は。】ロケ地巡礼その4《バスタ新宿》

Posted by on 2018年9月28日

身体が蒸発してしまいそうな酷暑も過ぎ、実りの秋がやってきました。出歩くのも楽になりましたので、アニメ【君の名は。】の背景になった新宿区内各地の巡り歩きを再開しましょう。

作品の中で、しばしば新宿駅南口が登場します。改札口を出た目の前の大通りは,新宿駅に入着・発進する全路線の線路を跨ぐ「跨線橋」で、国道20号(甲州街道)です。線路の敷かれている地上からの高さは10m程度かと思われますので、ビルの3階くらいの位置でしょうか。

新宿駅南口と国道20号を隔てて建っている、中層階のビルが長距離路線バスのターミナル《バスタ新宿》です。2016年4日に開業し、1日に1625便の長距離定期路線バスが発着しています。最近では外国人旅行客のバス旅人気も高まり《バスタ新宿》の待合室も国際色豊かになっています。

そんな《バスタ新宿》は、何度も新宿の風景として、作品内で描かれています。作品の制作時と現在では、ビルの屋上の看板は変わってしまいましたが、ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

もうひとつ、新宿駅南口を象徴する風景は、国道20号の跨線橋を直角に跨ぐ歩道橋です。国道20号の交通量が多くて、横断歩道の信号が変わるのに結構時間が長くかかります。待ちきれないお急ぎ様たちのために、道路を跨ぐ歩道橋が造られました。この場所では跨線橋と歩道橋が空中の二重橋構造になっています。

この歩道橋の中央部で、都心方面を望む風景も作品の中で紹介されています。作品内の風景はこの歩道橋よりさらに高い位置からの景観のようで、歩道橋から見られるのは、この写真の高さが限界です。

 

《バスタ新宿》の南側には、広い空中デッキがあり、花壇が造られ全体がアートチックな場所になっています。様々なデザインで、ちょっと一休みできるベンチもたくさん置かれています。ここから、南新宿のランドマーク「ドコモタワー」のカラフルなとんがりビルの風景も楽しめます。

爽やかな秋風を全身で受け、のんびりと東京の空を眺めるのもイイんじゃないでしょうか!!

昼でも夜でも、24時間眠らない新宿!ロケ地巡礼の後は、ここでゆっくりと時間を無駄遣いして楽しんでくださいね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *